酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 庭の うつぎ  と  山椒の子の芽      09.06.05  金  」






        うつぎ

       我が家の庭の うつぎ は東隣の塀際にある
       この時期に急成長して枝が伸びる
       白い可愛い花が咲く時期は5月の初め
       これからの時期はひたすら枝を伸ばす、時に塀を超えて越境する
       伸びた枝は切られて、可燃ごみに袋詰めされる
       緑の鮮やかな葉が目を楽しませてくれる以外、何の役割もない
       冬の間は骨のような幹が見苦しい姿をさらすだけである
       そんな うつぎ がこのように姿を変えて、人様のお役に立っている
       しかも、その世界では少しは珍重されているのを こちらで 知りました


d0094543_1943415.jpg

       左の塀際のうつぎは3年ほど前のこの時期に切られて
       塀の下にあるブロックの穴に意味もなく差し込まれていたのが
       命を授かり、このように成長してしまいました
d0094543_1944610.jpg

       この幹の中は中心が空洞で、時に 空木 とも表示される
d0094543_19451133.jpg
d0094543_19453029.jpg

       うつぎ の南側にあった山椒の木は2m程ありましたが、数年前物置小屋を
       移動して造りなおしたときに日陰になり、枯れてしまいました
       ご近所さんから枝をもらい挿し木したところ、何とかこの大きさまでに・・・・・・・
d0094543_19454851.jpg




        4月22日のうつぎ
d0094543_5174584.jpg

by aonami24 | 2009-06-05 19:48 | 町内色々 | Comments(6)
Commented by eight-b at 2009-06-05 21:00
aonamiさん
ちょっと1mばかし剪定して送ってください。
私が見事に一刀両断して進ぜよう。がははははは。
by 拝一刀
Commented by まき子 at 2009-06-05 22:29 x
まだ小さいですが山椒が立派に育っていますね!
先日実家に帰ったら、うちの山椒の樹、すごく大きくなっていました。
もう、少しでも捥ぎ採る時期が遅れたら、固くて大きすぎるくらいになってしまいます。
とはいえ、祖父が一生懸命育てている野菜たちなので、
いつも嬉しく持ち帰っています♪

Commented by aonami24 at 2009-06-06 04:34
eight-b さんへ
うつぎの爪楊枝がこのような高級品とは知りません出した。
この夏は根元に穴を掘り、生ゴミを入れて栄養を与えます。
葉が落ちて、樹が骨のような姿をさらす冬までお待ちください?

空木、宇津木とも表示され、堅くて、丈夫なので、木釘としても
使われていると知りました。
Commented by aonami24 at 2009-06-06 04:41
まき子 さんへ
山椒は日当たりのよいところでないと育たないようです。
料理に使えるのはほんの一瞬ですね。
買うと高いので家にあると便利です。
これからは夏野菜が育つ時期で、我が家の素人菜園もしばらくは
楽しめます。
造り手と育った場所がわかる野菜は食べても安心で、
心が温かくなります。
Commented by chiroru-pu at 2009-06-06 16:16
こんにちは。宇津木健です。
ってそれは宇津井健。この方まだ生きてますよね??

うちの山椒はアゲハの産婦人科と化しています。娘の嫁入り道具に
「山椒のすりこぎ」を持たせようというのが主旨だったのですが(涙)
Commented by aonami24 at 2009-06-07 17:36
chiroru-pu さんへ

宇津井健さんはaonamiより11歳年長の79歳、いつまでも若作りではなく年相応の役がいいのではと思います。
我が家の枯れた山椒の木はすりこぎを作るにはじゅうぶんな太さでした。
何本も作れたのに残念でした。