酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 焼酎・野良でお昼寝、小女子釜茹で、巾着・・・   07.3.29 」

     



好きな小女子の釜茹でがこれからしばらく 食べられる
     水揚げ漁港の豊浜 大井 師崎や三河湾の漁港近くの人は
     生を直接、釘煮にしたりします  関西の明石や瀬戸内の各地の様には
     盛んでない   佃煮業者は当然大量に作るが
d0094543_035771.jpg

     一度のこれくらいムシャムシャ食べたい  茹でた時の塩加減のみで
     何もつけない方が旬の味が素朴に味わえる
d0094543_05258.jpg

     食べ終わると 巾着の中に何が入っていたのか忘れてしまう
     ありあわせの材料を詰め煮込めば 何でも良い 挽肉 魚のすり身
d0094543_0533100.jpg

     ほうれん草のお浸しに間違えて しゃぶしゃぶのタレをかけてしまう
     何とか奇妙な味を楽しんだ
d0094543_06983.jpg

     細いマカロニと茹で海老 えんどうのマヨ和え
d0094543_064528.jpg

     aonamiは進んで焼酎を飲む事はない 
特に癖のない米焼酎を飲むなら癖のある芋焼酎を 
特に芋芋したものが良い  みんなマイルドに成り過ぎた
     長崎・島原の山崎本店酒造部の<米焼酎・野良でお昼寝>は
某組織の特注品  ネットで検索しても出てこないと思う
     米らしく穏やかな風味 この蔵は<日本酒・まが玉>を造っている
d0094543_072277.jpg


















by aonami24 | 2007-03-29 00:10 | Comments(7)
Commented by まき子 at 2007-03-29 13:08 x
ほうれん草のおひたしに、しゃぶしゃぶのタレ、意外と美味しそうです(笑)。
定番のものを合わせる以外に、たまに「こんなのをやってみよう!」とチャレンジすると
意外と良い組み合わせが見つかったりしますね。
Commented by eight-b at 2007-03-29 17:48
胡麻ダレだったら合いそうですが
aonamiさんの意識は醤油のままだったのでしょうか(笑)
焼酎は、これだけ飲兵衛の私でも進んで飲みたいと思いません。
やっぱり日本酒が一番ウマい。
焼酎画像はほとんど相方が飲んでます。
でもこれはお気に召したようですね。
Commented by eight-b at 2007-03-29 17:50
そうそう
篠島の小女子としらすが近々届く予定なのです。
これ見て思い出した。催促しなくちゃ。
Commented by aonami24 at 2007-03-30 11:34
まき子 さんへ
頭の中の記憶は醤油味、一瞬の戸惑いがくたびれた脳の襞の中を
駆け巡ります
これはこれで別の惣菜として食べれば問題はありませんが。
甘味がなければ良いですが、少し甘すぎました。
Commented by aonami24 at 2007-03-30 12:04
eight-bさんへ
醤油のつもりでかけていました
よく見れば器の色が違うのに、とうとう来たかと、後程思いました。
焼酎は飲めば飲めますが、日本酒の様なときめきはありません。
特に未知の銘柄を飲む前の。
実は昨晩は九州の某県人会の焼酎の会に誘われて
生まれて初めての焼酎ばかりの夜をすごしました。
20年ものの41度の焼酎はとても丸く甘い蒸留酒でした

小女子は名古屋市内では料理屋さんに納入のある店には、
時々生の小女子があります。
足が速いので早い時間に食べないといけないようです。
現地で食べる茹でたての未だ暖かい小女子は
叉格別の趣きです。
Commented by まーにゃんママ at 2007-04-12 23:42 x
明石のいかなごの釘炊きをお土産に頂いた事があって、しばらくやみつきになり、猫さんも好きで粒こしょうを外してあげてました。
Commented by aonami24 at 2007-04-13 01:28
まーにゃんままママ さま
明石では夫々の家庭で自慢の釘煮を作り
保存するようですね。
篠島辺りで獲れる小女子で自家製の釘煮を作るのも良いです。
明石は港と消費地が近いので、生の小女子の鮮度の良い物が
出回り、家庭でも釘煮を作るようです。