酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 お江戸時代の同級生の葬儀へ ②  2014.06.12  木  」

     








         6月8日 日曜日     四ッ谷三丁目 から 新宿三丁目 へ





日曜日の午後の新宿三丁目 考えていたような混雑はない 人の流れが昔とは変わっているんだろう
戸塚三丁目 河田町に住んでいた 昭和35年(1960年) から 
昭和40年(1965年)までは 週に3回以上はこの界隈を彷徨っていた 
その後 上原に住むようになってから 昭和43年(1968年)に
名古屋に帰るまでの間も週に2回は新宿の盛り場に沈んでいた 
明日W君の葬儀に行くと思うと ついつい 彼との思い出の多い この町を歩いてみたくなる 
d0094543_1305915.jpg
d0094543_1315415.jpg


船橋屋は50年前の当時から若者には 構えが立派過ぎて入りにくい店でした 
一度くらいは入った事も この界隈だけ 新宿にしては道幅が広い
d0094543_132206.jpg


遅いお昼を食べに入ったのは つな八総本店 全国に店舗展開している 
店は当時と変わらない佇まい
午後の2時過ぎとはいえこの行列 この行列でも10分も待たないで入店出来た 
店は古いカウンター中心の店ですが いくつもカウンターがあり 広いんです
d0094543_1325030.jpg
d0094543_133185.jpg


 一階ではベテランの職人が6、7人の客を相手に揚げるのが 
 ここのスタイル 私の目の前の職人さんはどこかで前にあっている 
 白鹿の燗酒の2本目を頼んだ時に思い出した 
 東京駅八重洲口の大丸の上にある  つな八 のカウンターだ 聞いてみると 
 20年も前のことらしい 時の経過は早い
d0094543_1332886.jpg
d0094543_1334177.jpg
d0094543_1335147.jpg

 店を出たのが レシートの記録で確認すると 15時01分
  空腹で 画像を記録するのも忘れて食べてしまった
d0094543_1343226.jpg


  2時間ほどあちこち徘徊して 17時すぎの東北新幹線で 
  水沢江刺 へ向かいました
  ホテルに到着したのは20時少し前 シャワーを浴び大人しく寝るだけ
  明日の葬儀は11時00分から ホテルから歩いて10分位の 
  浄土宗・知恩院派の寺でとり行われる
d0094543_1344550.jpg
d0094543_1345613.jpg
d0094543_1351531.jpg


 つな八 では御飯を遠慮したので  寿司岩の穴子すし を買いこんで 
 車中で夕食とした     
       何時も傍にいてほしい 
サントリーザ・プレミアムモルツ

d0094543_1353912.jpg
d0094543_1355263.jpg















by aonami24 | 2014-06-12 15:32 | | Comments(0)