酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「  金山で鰻丼       2011.09.14     水     」








          抜糸の翌日 眼科病院の帰リ 遅い昼飯を金山の鰻屋さんで  

平凡な 並みの 鰻丼 を食べる
        三福   


名古屋風にじか焼でカリット焼けている タレがこれもコツテリと甘い
好みの人には決まりの旨さだと思う 鰻も中ぶりの肉厚もそこそこのもの
これでもう少し サラットしたタレだと申し分ないのだが 御飯が熱々なのは上出来
d0094543_17545189.jpg

肝吸いのお出し加減も良い 化学調味料は使用してないようだ
d0094543_1755461.jpg

ご時世とはいえ 鰻4切れト肝吸いで 1,980円  はデフレは関係ないお値段
d0094543_17552074.jpg

こちらのお店はカウンター6席と座敷8人くらいの小さなお店。
鰻は注文を受けてから焼くので20分強の時間はかかる 酒が飲める地の魚のメニューが黒板にあるが
品物は間違いないが値段は張る 今日は天然鰻が 9,000円とある 2~3人でタベルと丁度よい大きさとのこと 夜美味しい日本酒でも飲みながら 食べれば美味しいだろう ただし日本酒の品揃えは 淡麗辛口中心で この鰻に対応できる銘柄ではないのが残念
by aonami24 | 2011-09-14 18:06 | お昼 | Comments(0)