酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 春慶塗弁当箱で牛照焼丼    2010.07.24  土    」




                    7月23日金曜日・晴・酷暑のお昼

              飛騨牛照焼丼   紅春慶  の 弁当箱で


  もも肉 でお値打ちでした
d0094543_13241416.jpg



d0094543_13243685.jpg



d0094543_13252138.jpg



d0094543_13255261.jpg


    菊芋の味噌漬け
d0094543_1326843.jpg



d0094543_13264146.jpg








d0094543_132755.jpg

by aonami24 | 2010-07-24 13:34 | お昼 | Comments(2)
Commented by まき子 at 2012-02-25 00:19 x
おおー!まさにこの菊芋と同じような見た目です!
まさか我が実家で今人気があるとは知らず…

実家に帰省すると「お土産を買う」って事にはならないので
まったくノーマークでした。

でも、これは本当に美味しいですね〜〜〜。
母、じじ、ばば、に聞いて、
近くにあったら、送ってもらえないか交渉してみます(笑)。
Commented by aonami24 at 2012-02-25 09:27
まき子 さんへ

健康雑誌にイヌリンが多く含まれ、酒を飲む人や血糖値の高い人に
良いと書かれてから、道の駅などで生の芋が売られるようになったと思います。
恵那の岩村では昔から 味噌漬け と 粕漬け が御土産として
飢え荒れていました。

元々は北米が原産地で ペリー来航の1850から1860頃日本に伝来して
家畜のえさとして栽培されたようです。
河川敷でも山間地でも丈夫に栽培できるので、第二次大戦中は
各地で栽培されて、野生化したものもあるようです。
繁殖力が強いので 要注意外来種に指定されていたはずです。

10月から11月が収穫時期で、名古屋市内でも2月中は生芋が
売られているお店もあります。