酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 義侠 特別純米 五百万石 60%    2010.07.10   土    」








            愛知県佐屋町の純米酒の優等生 義侠 五百万石特別純米
               精 米 歩 合 :  60%
          
               使  用  米  : 五百万石

               アルコール度数: 14 ~ 15度未満 


  町村合併で 海部郡佐屋町は愛西市日置町となる、慣れるまで100年かかる。 この義侠は私に取り
  純米酒の標準酒の一つ、精米歩合とアルコール度数の具合で食中酒として、辛口で程よい酸味が肉
  にも魚にも合う。常温、燗、冷やす といずれでも好みにすればよい。私は常温が多い。色も山吹色。
  お値段もほど良い価格。
d0094543_21162594.jpg
d0094543_2116452.jpg
d0094543_21172880.jpg



  尾張地方で 一六ささげ といわれる長さが六〇センチ以上になる夏の豆、豆は小さく柔かい莢を食べる。
  夏の大切な郷土野菜、他の地方では見かけない。淡い味わい、それが一六の意味か。ささげ は おさげ  の意味か?
d0094543_21175180.jpg


  裏庭の胡瓜はこれで終わり、今年は調子悪い。もう一度苗を植えるか思案中?
d0094543_2118733.jpg


  手羽元 と 竹輪のカレー揚げ、ラッキョは欠かせない。
d0094543_21182630.jpg





   何故か エチゴビール 泡立ち、切れは悪いが無濾過で味わい∐深い。
d0094543_211993.jpg

by aonami24 | 2010-07-10 21:26 | 酒・肴 | Comments(4)
Commented by chiroru-pu at 2010-07-12 06:50
らっきょと言えばaonamiさん。もう脳内に定着しました(笑)
血液サラサラ大事です。私も油をオリーブオイルに変えました。
春の小川のようにサラサラ流れて欲しいものです。

今は 汚 川  ですの(涙)
Commented by aonami24 at 2010-07-12 16:20
chiroru-pu さんへ

ありがとうございます。顔立ちは らつきょ のように面長で無く
551の豚まん風でございます。
お陰さまでこの体で 総コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)ともに
許容範囲にいます。
清濁併せのむ チロルさんらしいですよ !
Commented by horaboya at 2010-07-12 19:02 x
イイ色で、旨そうですね。

でも、14度の酒って、呑み進むうちに物足りなくなりませんか?

《三井の寿》も《山陰東郷》も《神亀》も旨かったんですが、これでもう少しコクがあればなぁ・・・、って気持ちが湧いてきちゃいます(^^ゞ

多くの日本酒が15〜16%になっているのは、良く出来てるなぁって感心したりします。
Commented by aonami24 at 2010-07-13 06:09
horaboyaさんへ

少し寝かせてからの出荷でしょうか。
14~15度は少し低い感じがしますが、気にならず飲み続けられます。
季節にもよりますが、久保本家の<生もとのどぶ>も15度に調整して
食中酒として飲めますね。私が先日飲んだ 睡龍・涼 は14度少し
物足りなく感じました。今、杉錦の誉富士山廃純米生原酒と義侠を交互に飲んでます。こちらは18.5度の原酒ですが、山廃のせいか締まりも良いようです。義侠は原酒でも16~17度の物が多いようです。

14度の原酒もあるようです。いろいろ試みているようです。
義侠はかなり前から自家精米をしています。