酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 竹鶴 雄町純米にごり 酸味一体    09.11.17  火   」







     平成18BYの 竹鶴 雄町純米にごり酒 酸味一体
     
  竹鶴 のにごりは初めて飲む、新酒ではないので充分な旨みとまろやかさの中から
  角の取れた酸味が力強く押し寄せてくる、アルコール度数が強いのにスイスイと
  飲んでしまう、肴が無くても有ってもどんどん飲めてしまう、自己完結している

  この酒も 大那と一緒に瑞穂区の酒屋さんで購入




d0094543_8474273.jpg
d0094543_8481345.jpg
d0094543_8483639.jpg




   イカのキムチあえ
d0094543_849427.jpg


   湯豆腐
d0094543_8492346.jpg


   小松菜とジャコの胡麻油炒め
d0094543_8494420.jpg


   鯵のつくねの大葉巻き焼き
d0094543_8501693.jpg







d0094543_8504911.jpg

by aonami24 | 2009-11-17 08:52 | 酒・肴 | Comments(7)
Commented by horaboya at 2009-11-17 10:11 x
雄町純米のにごりは呑んだことありませんが、これも知らないうちに減っちゃう酒なんでしょうか(^^?
Commented by aonami24 at 2009-11-17 13:50
horaboyaさんへ
飲んでいることを忘れるくらい? 飲んでしまいます。
良い心地も味わいもよく、滑らかに滑り込んでいきます。
H18BYですので、枯れ具合もよく、財布にはきつい酒です。
Commented by horaboya at 2009-11-18 12:18 x
《竹鶴》には2,300位のにごりもあって、やはり知らないうちに無くなっちゃう酒です。きっとこれより酸っぱいんでしょうね。

それにしても《竹鶴にごり》や《どぶ》など、旨いにごりは困りものです(-_-;)
Commented by aonami24 at 2009-11-19 09:34
horaboyaさんへ
にごり酒 と言うと一般的なイメージがありますが、<竹鶴>はそれとは違う
熟成した 酸味、旨み、切れ(辛さ)を備えた 三味一体?ということでしょうか。
その にごりは今度飲んでみます。

例の<どぶ>には偽物が出たとか。
名古屋の純米燗の酒の会の事務局の <はやし酒店>のブログに
書かれていました。
Commented by aonami24 at 2009-11-19 09:43
horaboyaさんへ
 酒屋 はやし
   http://sakaya-hayashi.at.webry.info/
Commented by horaboya at 2009-11-19 09:58 x
ttp://air.ap.teacup.com/mahler/1174.html
要するに本当のにごりを呑んだことが無かったということなんでしょうが、初めて《竹鶴》に接した時は驚きました。

《どぶ》の偽物にはビックリですね。
まねするなら造りだけにしてって言いたい感じ(^^ゞ
Commented by aonami24 at 2009-11-19 21:26
horaboyaさんへ
にごりもいろいろあり、新種の初々しさを味わう 濁りは一番馴染みでしたが
寝かせて熟成させた にごりは日本酒の原点かもしれません。
何も肴が無くてもひたすら飲める。
米作文化の基盤にある飲み物として最高かもしれません。

米粒の舌触りがある本物の どぶろく 岐阜にあります。