酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「名水・加賀野神社・大垣・岐阜    06.10.16 」

         安八まで所用があり出かけたので、久しぶりに加賀野神社で
         岐阜の名水を汲み、飲んできました。
         国道21号線が東海道線を跨いだ先の加賀野町の信号を
         左折して1分の所にある神社の自噴井戸です。
         交差点の右には大垣商業高校の建物が見えます。
d0094543_7482966.jpg
d0094543_7541194.jpgd0094543_865761.jpg













d0094543_815226.jpg
d0094543_8313552.jpg











d0094543_2311938.jpg

# by aonami24 | 2006-10-17 08:37 | | Comments(2)

「ミッドランド スクエア、その裏側②・・・・06.10.15」

d0094543_4204843.jpg
10月14日(土)撮影の周辺の画像を
載せておきます。
ミッドランド・スクエアの南東にある
西柳公園(魚市場の前)で休息する馬。
引越の荷物を挙母村(豊田市の旧名)から
運んで来た馬が休息しているのではありません。
14,15、は名古屋祭りで英傑行列で
秀吉、信長、家康に扮した人を乗せるため、
大学や乗馬クラブからボランティアに
かり出された馬です。
d0094543_4422698.jpg










d0094543_4513859.jpg

娘   「今日一日お前のご主人は家康様だから気に入られるようにね」
馬(牡)「家康(三河)は嫌だ。ケチだから、秀吉が良い。」
娘   「我侭はダメ、暫くは三河(豊田)の天下だから、家康を上手に乗せて稼ぎなさい。」
馬   「生かさず、殺さず搾られる。」
娘   「涙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(止まらない)。」

d0094543_520118.jpg
馬(牝)「私には秀吉か信長が乗るのか、それは喜ばしい。」

d0094543_5304393.jpg
d0094543_5375674.jpg
  (右)
                                     笹
                                     島
                                     中
                                     学
                                     校
                                     庭



d0094543_5573642.jpg

トロ箱の隅に残る魚を拾い集め500円でわけていただく。

煮魚で食べました。
# by aonami24 | 2006-10-17 04:43 | 名古屋駅 | Comments(0)

「ミッドランド スクエア、その裏側・・・・ 06.10.14 」

        名古屋駅界隈は次第に高層化されつつあります。
        高所恐怖症気味のaonamiはあまり面白くありません。
        名古屋は空き地が駅周辺にも沢山あるのに、何故。
        取りあえず首を上げて見上げました。d0094543_049312.jpgd0094543_4125360.jpg















此処にも不思議な形状の建物が
建築中です。




d0094543_4253580.jpg

このビルの名古屋駅表口(桜通り口)に面した入口です。整然とした殺風景さが漂います。
このビルの東側にはこんな雑然とした表情に富んだ風景が広がります。d0094543_4445478.jpgd0094543_4512716.jpg












名古屋の人には御馴染みの鮮魚を主体にした卸小売市場です。
2つの大きな建物があり、築地の場外の規模の小型のものです。
この日は時間が遅かったのでお店は片つけ中でした。
午前5時~8時が盛業です。新幹線を下車して5分程で、こんな場所があります。d0094543_551964.jpg
d0094543_524252.jpg











d0094543_5312790.jpg

# by aonami24 | 2006-10-15 01:07 | 名古屋駅 | Comments(2)

「 プロの鯖寿司、西豊泉(れいせん) 06.10.13 」

          先日、自作の鯖棒寿司を作りましたが、酢飯は自分流に
          合格でしたが、鯖の〆加減に迷いがあり、基準を捜そうかと
          老舗の鯖棒寿司をハ-フサイズで求めました。
          フルサイズは財布が許しませんので。d0094543_23305442.jpg
d0094543_23384656.jpg












大阪の老舗の〇〇萬の鯖姿寿司です。昆布もまいてあり味に不満は
      ありませんが、断面の鯖と酢飯の見た目とか、表面の無意味に見える
      包丁跡とか、少々気になります。本店でなく、デパ地下のお店ですので
      不満は言いたくありませんが、老舗とは何処で頂いても一定の品質が
      確保されていると、消費者は思いますので。
      断面の形状はaonamiの断面の方がバランスが取れていると自負しています。

d0094543_0185580.jpg
合わせた酒は芳醇な季節の鯖に
負けない酒です。
岐阜の養老の滝で著名な
玉泉堂酒造の酒です。
地元では<美濃菊>,<玉菊>で
多く出ています。
酒質が違うのか、近畿圏、首都圏、
酒通を狙う<れいせん>の方が
芳醇な感じです。
地元大量消費の<美濃菊>、
<玉菊>ブランドも大切にしてください。
今日は少し,グチやクレ-ムが多いですかね。
# by aonami24 | 2006-10-15 00:36 | 酒・肴 | Comments(0)

「松皮造り、黒い塔    06.10.12 」

          酒が日一日と美味しくなる。酒も枯れてくるが、気温が
          美味しさを増進する。
          鯛も夏とは違い日に日に旨さを増す。松皮つくりで戴きたい。
d0094543_8351753.jpg

この太く、逞しい松は200年は生きているのだろうか。
          皮も美しい、松脂が噴出している小さな傷口も裏側にはある。d0094543_846022.jpgd0094543_911245.jpg



近いうちに美味しい松皮つくりの鯛を・・・・・
其れまではこの松の逞しさに見惚れていようか。
ゴルフ場の芝の緑も此処まで、次第に自分の髪の毛のように白く白く・・・・・。

d0094543_9253225.jpg





d0094543_9314737.jpg

名古屋最古の木造建築の二重の塔は夕暮れ時こんな怖そうな姿に成る。
悪魔がマントを広げたような、怖い爆撃機のような。
このお寺にも61年前爆弾が落とされたが、本堂は焼失したがこの塔は残った。
d0094543_9441984.jpg

# by aonami24 | 2006-10-13 09:18 | 遊び | Comments(0)