酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「カレイの煮付けで一献 昼酒の醍醐味  08.05.30 」

   先日の昼、一人での昼飯、前夜の家族の残したカレイの煮付けを暖め
   豆腐田楽をつくり、青菜をシラス干しで炒め、昼の一献と決め込む。
d0094543_22185976.jpg
   今の時期石カレイとか藻カレイは刺身でも白身としても美味しいが
   この石カレイはそれほどの鮮度は無く、煮付けに最適、冷凍よりは数倍美味。
   太い骨から出る旨みはカレイの醍醐味、煮汁をご飯にかけたいくらい。
d0094543_221958100.jpg
  此方は地味な田楽豆腐、うえに掛かる仄かな粉は arincoさんの柚餅子をすりおろして、
   振りかけたもの、仄かな柚子の香りが味噌に味わいを深める。
d0094543_2220594.jpg
    ご飯の代わりに、焼きそばを少し頂いて、夜に備える事にする。
   胃腸の調子がよいのは、生きるうえでかなりの財産だと、最近思うようになりました。
d0094543_22222136.jpg

by aonami24 | 2008-05-30 22:23 | お昼 | Comments(0)

「 伏見・大甚  夕暮れが明るい 二次、三次へ  08.05.30 」

    










    5月の連休明けの夕暮れ時、ゴルフ友のSさん、Oさんと3人で待ち合わせ
    伏見・大甚での一献、未だ明るい夕方暖簾をくぐるのはワクワクする。
    ヘビースモカーのご両人がくつろげる2階の窓際にこの日はすわる。
d0094543_2161245.jpg
    この日は窓際のカウンターは誰も座る人も無く、空いていたが日暮れ時一人飲みの時
    ここに掛けて広小路の道を行く人を眺めながらの酒は贅沢の極み
    お江戸で言えば、銀座4丁目の交差点を行き来する人を眺めながらの酒と同じ
    130年前の創業時の眺めは如何な物かと、空想にふける時間も楽しい歓び。
d0094543_217494.jpg
d0094543_2175194.jpg
d0094543_2182548.jpg
d0094543_2191084.jpg
d0094543_2195786.jpg
d0094543_21103131.jpg
d0094543_2111822.jpg
d0094543_21115098.jpg
d0094543_21123228.jpg
   賀茂鶴の四斗樽の燗酒と瓶ビ-ルで好みの肴を頂いて、軽い足取りで店を出て
    納屋橋、柳橋、名古屋駅へと向かう。
    納屋橋の東詰めから新しいお店の電飾を見るが、aonamiの若い頃、40年前とは
    違う夜景に置き忘れたものを懐かしみながら、悔やむ思いがふつふつと湧きあがる。
d0094543_21132151.jpg
d0094543_211423.jpg
d0094543_21144312.jpg
   柳橋交叉点角の 焼き鳥や と言う名称の焼き鳥屋に暫し腰掛けて、何種類かの焼き鳥を
   ほおばり、2回目の悦楽の境地を楽しむ。
d0094543_21153080.jpg
d0094543_2116799.jpg
    名古屋駅でお二人と別れて、私は太閤通り3丁目から中村公園に向けて、食後の散歩。
   途中にある 萬珍軒 で一プク、これでは食後(飲酒後)の散歩の意味が消失。
d0094543_21171310.jpg
d0094543_2118978.jpg
d0094543_2119573.jpg
d0094543_2119559.jpg

   中村公園から地下鉄で終点まで、未だ時間は9時にはならない。
   このまま寝られるだろうか?




















萬珍軒 ラーメン / 中村区役所駅中村日赤駅


by aonami24 | 2008-05-30 21:23 | 酒・肴 | Comments(5)

「 千代むすび・熟成酒で一献 境港・鳥取酒  08.05.29 」

   この日は山陰の境港の酒、完熟純米・千代むすび は3年熟成の旨い酒。
   日本酒度はマイナス2度だが、酸味と熟成感があり枯れた美味しさで
   甘さは感じない、大須・千田肉店のお値打ち国産各部所角切り肉の煮込みにも
   充分付き合える骨太との酒です。黄金色に輝いています。
d0094543_21123967.jpg
   脛、腿、バラ、肩ロース等の各部位が混じる角きりの煮込みは色んな味、食感が楽しめる。
d0094543_21134921.jpg
   境港もホタルイカの水揚げはあるが、この日のホタルは富山・滑川とありました。
d0094543_2114572.jpg
d0094543_2116755.jpg

by aonami24 | 2008-05-29 21:18 | 酒・肴 | Comments(0)

「海鮮グルメツァ-② 三方五湖 日帰り5,680円  08.05.28 」

    やべ清 での昼食後、三方五湖レインボ-ラインへ向かう。
    20分ほど走り、食後のトイレ休憩をかねて、敦賀インター近くの 蒲鉾の小牧に
    下車して休憩、試食の蒲鉾をあれこれ食べてみる。
    何も買わないでごめんなさい。
d0094543_21475387.jpg
d0094543_21484655.jpg
d0094543_21503096.jpg
d0094543_21514987.jpg
d0094543_2153575.jpg
    三方五湖のリフト乗り場に着いて見ると、視界10メートルほどの濃霧。
    何も見えない展望台に30分滞在、霧のせいで喉が心地よい。
d0094543_21541651.jpg
   霧の中を下界に降りてR27号沿いの千鳥苑に到着、裏は砂浜の海岸、五木ひろし記念館、
    地ビール工場も併殺されている。小浜のこの近くの早瀬には 早瀬浦 の蔵元がある。
    相乗りのバスでは立ち寄ることは叶わない。ここまで来て 早瀬浦 の蔵元である
    三宅彦右ェ門に立ち寄れないのは残念!
d0094543_21553025.jpg
   千鳥苑の中の地ビール工場を見学する
d0094543_21572445.jpg
   全国各地の地ビールが日本列島の上に県別に展示されている。
    奥の棚にも様々な地ビールが整理陳列されている。
    こういうものは眺める物ではなく、飲む物だ。
d0094543_21584464.jpg
d0094543_220150.jpg
d0094543_2211186.jpg
d0094543_2221971.jpg
    休憩所で一杯300円の地ビールを3種類の中からエールタイプの物を選んで飲んでみる。
    ドラフトやラガーとは違う、繊細で味わい深い飲み口を感じる。
d0094543_223362.jpg

    このあと高速道路に入り名古屋へ、予定よ早く到着。
    トイレを気にしながらではビールモ満足に飲めない。
    名古屋駅前の 嘉文で改めて生ビールで乾杯。
d0094543_225132.jpg
d0094543_2261595.jpg

d0094543_2273091.jpg
d0094543_229964.jpg

    こうして日曜日は有意義に閉じました。
by aonami24 | 2008-05-28 22:21 | | Comments(0)

「海鮮グルメ・ツア-① 三方五湖  日帰り 5,680円  08.05.26 」

   25日の日曜日は 名古屋観光・日急 のドラゴンズ・パツク日帰りツァーに参加。
   顔ぶれは小中学の同級生17人、その内6人は高校も同じ、同じ地域に住み
   阿吽の呼吸で気持ちが通じる仲間、気取りも、おごりも、遠慮もない、言い放題の
   顔ぶれ。相乗りのパツク・ツァ-で格安な一日を過ごす魂胆です。
   8時10分に名古屋名鉄バスセンターを出発、敦賀インターを雨交じりの中出ると
   此方の「昆布館」に到着、トイレ休憩をかねてお定まりのお土産館、昆布中心に
   あれこれ陳列、旅なれた人も多く、企画通りに買い求める人も少なく、無料の昆布茶で
   暫しの休息、良い昆布もあるがお値段もそれなりにご立派、買い求める人少なし。  
d0094543_105057.jpg
d0094543_10505471.jpg
   片隅に日本酒の棚も色々あるが、今一つ今趣をさそらない名前、並べ方、試飲も無い、
   酒より昆布の売上が中心なのでしょう。少しさびしい。試飲でもさせてもらえば
   多少の散在はする気は持ち合わせているのですが。
   世の中ままならないのは、作今の群馬出身の無表情の無責任男のせいばかりではなく
   根深い色々があるのだろう。
      わかさ じまんを誇るわりには地味なラベルではないか。
d0094543_10514486.jpg
d0094543_10523670.jpg
d0094543_1053348.jpg
   2番目の目的地は 金崎宮、敦賀の北の岬に鎮座する山と崖に三方を囲まれた城跡の神社。
                   金崎宮・かねがさきぐう
d0094543_10543093.jpg
   古風な年代ものの囲炉裏火鉢のあるお休み処で宮司さんのお話しを聞き、参拝に出かける。
     売られているお守りは3種、難関突破守  恋まもり  金がさき守
d0094543_10551817.jpg
d0094543_10565659.jpg
  今の私には縁遠い世界なので、真摯に参拝する気が起きないが、
    此方は 恋 の願い事成就の神社とか。若い男女の参拝が絶えないと宮司さんは
    言われるが、雨とはいえこの日も私同様、孫持ち世代ばかりの参拝客ばかり。
d0094543_10575115.jpg
d0094543_1058481.jpg
    帰り道埋め立て地の敦賀新港が眼下に見られた。金崎城の頃の戦国の世のあれこれが
    この地で繰り広げられたお話しはガイドさんが話してくれたが、忘却の早さが
    すさまじいと感じる事甚だしい今日この頃です。
d0094543_10594674.jpg
   金崎宮で少し歩いたせいか空腹感が次第に募る。
    昼食場所、「やべ清」に到着、色々ごちゃごちゃ、イベント、段取りに参加して
    ようやく以下の 海鮮グルメ定食 に巡り合う事になる。
d0094543_1113768.jpg
    一人前の量としては、お昼には充分、酒は別料金、H君差し入れの日本酒で一献傾ける
    こういう所でのお味はとやかく言うべきではない、コスパ優先の色々。
d0094543_11326.jpg
d0094543_1142682.jpg
d0094543_1151058.jpg
d0094543_1155271.jpg
d0094543_1164362.jpg
d0094543_1174358.jpg
d0094543_1183329.jpg
    刺身をご飯に乗せたわけではない、 鉄火丼 ↑に イクラ・サーモン丼 ↓
d0094543_1195311.jpg
   日本海の岸辺にこれから梅雨時にかけて、産卵に訪れる あおりいか 
    持ち持ちパキパキで美味しい。
    この大きさ、この鮮度、この値段はお値打ちか、刺身であれば10人前以上とれるか?
d0094543_11111122.jpg
  此方の鯛は些か疑念あり。この色からすれば養殖は間違いなし。
    養殖なれば、このお値段些か高額すぎる。懸命な消費者の判定を願うばかり。」
d0094543_11122370.jpg

by aonami24 | 2008-05-27 11:17 | | Comments(2)

「 日々の酒肴 ありふれた肴       08.05.24 」

   休肝日という言葉がある。
   健康上の理由である。お医者さんでもあまり意味がないと言う人もいる。
   私は365日、毎日飲んでいる、若い頃にくらべれば量は激減している。
   平均で言えば、家で一人で飲めばビール500ML一本、日本酒コツプ二杯。
   外で飲むときはこの限りではない。外のみは月に3回位。
   日々の肴は手間の掛からないものばかり、安くて良い魚があれば、冷凍にして
   何回かに分けて、肴にする。
d0094543_12471126.jpg
   こんにゃく・蒟蒻 煮込んで冷凍してある。
d0094543_16346100.jpg
   安くてよい鯖があれば、切り身にして冷凍、塩して焼くだけ。
d0094543_1665079.jpg
    たこ・蛸 これもゆでて小分けして冷凍しておく、若芽を戻して、酢をかけるだけ。
d0094543_1252261.jpg
    シラス これも冷凍してある、小女子も冷凍してある。
d0094543_12592398.jpg
   こんな肴に新鮮な野菜が少しあれば、上機嫌で晩酌できる。
by aonami24 | 2008-05-24 18:14 | 酒・肴 | Comments(2)

「庭でのバ-べキュー 先週に続いて 暫しの平穏  08.05.21 」

d0094543_22243.jpg
d0094543_2225134.jpg
d0094543_2234054.jpg
d0094543_2253635.jpg
d0094543_2261564.jpg
d0094543_2265751.jpg
d0094543_2273866.jpg
d0094543_2281937.jpg
d0094543_229542.jpg
d0094543_2294836.jpg
d0094543_22105924.jpg
d0094543_22113955.jpg
d0094543_22122394.jpg
d0094543_2213169.jpg
d0094543_22134451.jpg
d0094543_22142963.jpg
d0094543_22152464.jpg
d0094543_2216786.jpg
d0094543_22172623.jpg
d0094543_22181420.jpg
d0094543_22191071.jpg
d0094543_2220018.jpg

by aonami24 | 2008-05-21 22:28 | 酒・肴 | Comments(8)

「 串アサリ・あさりの干物  至高の酒肴!  08.05.20 」

   



    磯の春      串アサリ松乃寿司自家製?
d0094543_12283560.jpg
   獲れたての大きいアサリを剥き身にして、下処理して、水管に竹串を刺して干した物です。
    手間のかかる干物ですので、今は作るところも減少しているようです。
    自家用には三河湾のあちこちの浜と島で作られています。
    半田・亀崎辺りには、昔は沢山の業者があり、全国の市場に出荷していたようです。
    乾燥の度合いは色々あるようです。昔の方が乾燥度が高かったような気がします。
    安い干物で、子供の頃はおやつに食べたこともあります。
    今はものにもよりますが、一本500円前後は乾物屋さんでします。
    名古屋では殆んど魚屋さんに並びます。産地ではスーパ-にも時に並ぶことも。
    乾燥してこれだけの大きさですので、生では大きなアサリです。
d0094543_12294927.jpg
   半田辺りではこれを天麩羅に家庭でも、料理屋さんでもしていました。
    今はどうなんでしょうか? この値段ですと 活けの車えび一本より高いです。
d0094543_12304441.jpg
                    日本酒の肴には最高です
by aonami24 | 2008-05-20 12:42 | 酒・肴 | Comments(2)

「 鮨屋で一献 ザシーン徳川園近く 松乃寿司  08.05.19 」

   東区は名古屋で古い武家屋敷の赴きがある所が、少しは残るエリアです。
   徳川園とその中にある徳川美術館はこの店のすぐ西にあります。
   ザシ-ン徳川園はバブルの時に名古屋初の高層マンションとして建てられた。
   現金や相応しい収入が継続してある人はよいが、投資目的で無理なローンを組んだ人は
   売却したり、自己破産して、当初より相当数住んでいる人は変化している。
d0094543_20212978.jpg
   5時前に入店外は未だ充分明るい。以前お邪魔した時はすぐ近くの別の場所でした。
   ここに構えて8年になるとのこと、8年間は来ててないことになる。
d0094543_20225559.jpg
   生ビールで乾杯、あとは飲みものも、食べものも自由にとのこと、少しの好みを伝えて、
   あとは私はお任せでお願いしました。酒はSさん夫婦は焼酎中心に何時ものように。
d0094543_18342372.jpg
   瓶詰めでない じゅん菜がさくらんぼに彩られて出てくる。穏やかで季節を感じる突き出し。
d0094543_18355642.jpg
   目の前にある大好きな 小肌が気になる、つまみで頂くよりコハダは酢飯でいただきたい、
   ここは我慢、我慢。
d0094543_1838522.jpg
    イカも気になる、あおりイカ?風味が落ちるので皮は剥いてない。
   これも握りで頂きたいので、今は見つめるだけにする。
d0094543_18393126.jpg
   程よい太さの 蛸 美しい脚線美を見せている。茹で加減はどうだろうか、
   芯が少しレアが好みなのだが,如何であろうか、これはツマミで頂く事にしよう。
   右側の 数の子 子持ち若芽は興味なし。
d0094543_18405956.jpg
   甘えビの大きなのがある、甘えビは獲れたてを浜や船の上で食べると、別の味がする。
   獲れてから時間の経過と共に甘さが増す、甘さが臭さに変わる見分けが大事。
   甘えビ よりも右側の 松皮造りの肉厚な鯛が気になる。
   皮のチジミ具合も魅力的。桜鯛の季節は終り、秋まで鯛の味が落ちる時期
   松皮造りで食べれば、皮の旨さが味を補ってくれそうだ。
d0094543_18431994.jpg
   お任せで鯵が出てきた、今日のご自慢の一品のようだ、伊良湖・神島辺りの瀬付きの
   一本釣りの鯵と見た。所謂、関鯵という奴だ、日本中に関鯵はある!
d0094543_18455597.jpg
   松皮造りの鯛が登場、やはり諺通り 腐っても鯛、貫禄のある旨みがある。
d0094543_18473250.jpg
d0094543_18491472.jpg
   夏の味覚 鱧の落とし、尾張辺りりでは近場の海で一年中獲れる。
   関西特に京都では真夏の大事な食材、流通が整備されていない時代には
   鱧のように真夏でも強い魚は大事な魚、お味は冬の方が美味しい。
   夏でも京都まで生きて運ばれる鱧は夏の味に祭り上げられた。
   夏の味、そうめん のように淡白で喉越しは良い。
d0094543_1851356.jpg
   キハダマグロの中トロ、薄いピンクで美しい、軽い中トロ、本マグロのネツトリ感はない。
   名古屋から西の関西では見た目美しい、キハダは好まれる。私も好きです。
d0094543_18523658.jpg
  鳥貝の生があった。通常は湯引きして開いて握りやすくしてある。
   生は色がガラスのように抵抗値の少ないものの上で捌かないと色が剥げる。
   生のぬるぬる感は美味しさを倍加してくれる。このぬめり具合!
d0094543_18545426.jpg
d0094543_18565937.jpg
  鮨屋で干物は如何なものかと思う人もいるが、お店手つくりの稚鮎とハタハタの一夜干しは
   ほんとに美味しい、握りにチェンジするポイントで食べるのは、
   ご飯が欲しくなるタイミングなので、良いタイミング。
d0094543_18583167.jpg
d0094543_1901613.jpg
   漬物代わりに出して頂いていた 穴子と胡瓜の酢の物、薄い味で穴子の旨みが際立つ。
d0094543_1914833.jpg
d0094543_1935357.jpg
   この辺りで少し、握りを頂く酢飯がお腹を落ち着かせててくれる。
    まずは 小肌 新子はこの地方ではもう少し先ですよね!
d0094543_1953117.jpg
   鯖 昆布で旨みを補う、脂の乗った鯖の季節は終わり
d0094543_1965710.jpg
   鮭の腹身 少し炙ってある、キメは粗いが脂の乗りは良い、桜マスのきめ細かい味もGOOD!
d0094543_1984698.jpg
d0094543_19101920.jpg
   この日は生ビールのあと、剣菱を常温で2本飲んだが、物足りなくて、何かないかと聞くと 
    浦霞と墨廼江があるとのこと、迷わず 墨廼江を一本もらう。これで落ち着いた。
d0094543_1912321.jpg
    店の一画に春の花 芍薬・しゃくやくが差してある。薄緑の背景が5月らしくて良い。
d0094543_19135272.jpg

    Sさんごちそうさまでした、又次の機会を胃袋を手入れしてお待ちします。
by aonami24 | 2008-05-19 19:16 | 酒・肴 | Comments(2)

「 さなげカントリークラブで 緑一杯 楽しむ 08.05.18 」

   16日本当に五月晴れ、申し分ない、Sさんご夫婦と約束のゴルフ。
   コ-スはSさんメンバーの さなげC.C。
   Sさん60歳、奥さん44歳の時にご結婚、15年になる。
   私がご縁を作ったと言う事で、季節毎にゴルフか酒をご一緒させてもらう。
   Sさんは 後期高齢者のゲートをくぐられたが、お元気に奥さんとお暮らしの様子。
   私とは反対の名古屋の東部の高台にお住まい、地下鉄の高畑を7時に乗り、
   途中で下車、バスでSさん宅に着いたのが8時。
   ゴルフ道具は何時も古いセットが、Sさん宅に預けてあるので着替えのみ持参。
   Sさん運転の車でゴルフ場に向かう、トヨタ関連の会社の通勤時間も終り、混雑もなく
   30分で太井橋袂のゴルフ場につく。
   この日のお客は11組と言う事で、スタ-ト時間はお好みで自由にとのこと。
d0094543_21145781.jpg
d0094543_21154569.jpg
d0094543_21165377.jpg
d0094543_21174419.jpg
d0094543_21183841.jpg
   お昼は休憩時間を少なくして、ビールも飲まないで、軽く固い焼きそばで軽く済ませて
   後半のスタートに向かう、キャディさんが交代、なるべくなら同じ人がいい。
   半袖でも午後は暑い、紫外線は相当きついはずだ、年に2~3回しか使わない
   Sさん宅に預けてある古いクラブだが、気にせずに楽しいゴルフを心がける。
d0094543_21195227.jpg
d0094543_21213493.jpg
   このホールのティ-グランド周りには野良猫が3匹何時もいる、心ある人がここで餌を
   バックから取り出して与える。Sさんの奥さんも生き物を大切にする人、
   高いお値段の餌を野良チャンに与える、猫の鳴き声が暫し心和ませる。
d0094543_21224419.jpg
d0094543_21244797.jpg
   今日は特別優待券をSさんから頂きメンバー料金でプレイが出来ました、感謝。
   高台にあるゴルフ場の玄関から、豊田市の東南の方向を望む、少し霞んでいる。
   住宅と工場が混在する豊田市、計画的に作られた街ではないので歪んだ部分も多い。
   先日、愛知教育大附属高校の女子高生が殺されたのは、豊田の南の方で
   知立に近い、アイシンの工場が高速道路の反対側にある、田圃と住宅が混在する。
   すぐ南に国道一号線が走る静寂と混雑が分かれる付近。住民登録のない派遣労働者、
   外国人労働者も多い地域、人材派遣法の緩和による派遣労働者の増加、大企業優先の
   時代の流れに、地域の生活習慣ガ壊され、新しい地域の安全・安心の法則が
   出来ていない経済優先の混沌が遠因にあるかもしれない。
   米国自動車産業が全盛期、デトロイトの街は夜は怖くて歩けない街と言われたが
   挙母市(豊田市)をそんな町にはして欲しくない。
d0094543_21254955.jpg
   今日は車でゴルフ場に来なかったのは、このあとSさんの自宅により車を置いて、
   Sさん馴染みの鮨屋さんで三人で飲むことになっているから。
   Sさんの車は大きくて安心できる。大きな私が後部座席に乗るも、余裕が充分ある。
d0094543_314318.jpg

by aonami24 | 2008-05-18 21:28 | ゴルフ | Comments(2)