酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:戯言( 18 )

「 佐伯義勝さんが亡くなられた 2012.01.23  月  」

            






  佐伯義勝さん  が 亡くなられた




写真家の佐伯義勝氏が死去(産経新聞news)
2012.1.23 12:08
 佐伯義勝氏(さえき・よしかつ=写真家)20日、肺炎のため死去、84歳。通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午前11時、東京都世田谷区瀬田3の6の8、公益社用賀会館で。喪主は妻、弥生(やよい)さん。

 サンニュース・フォトス社でドキュメンタリー写真を手がけ、のちに料理写真の第一人者に。「家庭画報」などの女性誌で活躍した。昭和50年に講談社出版文化賞写真賞。日本写真家協会名誉会員。






一度だけお会いしたことがある。

今から45年前 駒沢公園近くの 日本で最初で 当時唯一の 料理写真のスタジオで 。

一年浪人・一年留年した私は昭和41年(1966年)24歳で大学を出たが、

昭和40年の暮に山一証券が最初の破たんをして 昭和41年の春 文学部を出た

ボンクラの学生には 所謂正社員の口は少ない。

しかも当時は堂々と母子家庭の学生は 入社試験もお断りという企業も多かった。

私は 学生時代のアルバイトの延長線上で 何とか職を得た 所謂フリーターである。

その仕事で佐伯義勝さんのスタジオへ、借用した輸入品のベンチを返却に行き 

偶然お会いした。 

佐伯さんが40歳になる直前の頃、私が運転していた 勤め先(ブ―プロ) の 

シトローエンH(アッシュ) は些か当時では珍しい車で、 それを見た佐伯さんが 

笑顔で 今度その車を貸してもらうかもしれないよ と 言われたのを記憶している。

         
              ご冥福をお祈りします





(参孝資料)

                   丸木美術館学芸員日誌より転載



映画「原爆の図」製作ニュース 1967.8.1 No.2

映画原爆の図制作集団製作委員会事務局

注目の反戦美術映画 映画原爆の図ついに完成!

 「今からでもおそくはない・・・・」という峠三吉の詩にはじまる反戦美術映画「原爆の図」は七月二十八日の改装なつた広島市の原爆ドームの撮影でクランクアップし、全国の平和を愛する多くの人々の力と、宮島義勇氏を先頭とする製作集団の全力をあげての努力でついに完成した。
 今の時点でこの映画は世界の核兵器保有の禁止・核実験禁止の呼びかけを強化する目的であることは当然だが、さらにますますエスカレートされようとしているベトナムにつながるものである。脚本・監督・撮影を一人で担当した宮島氏は「アラン・レネ監督がピカソの絵を撮影して作つた有名な反戦美術映画「ゲルニカ」への挑戦です。ベトナム問題にまでつながる原爆映画にしたい」と語つている(サンデー毎日八月十三日号)がまさしく「原爆の図」製作の意図はそこにあつたのである。レネの作品「ゲルニカ」は一九三六年のスペイン内戦当時のナチス・ドイツの惨虐行為を描いたピカソの画を題材として第二次世界大戦におけるナチスの非人道的な行為に抗議をぶつつけたものだが宮島作品の「原爆の図」もまたヒロシマを題材としながらベトナムにつながる
 一九四五年八月六日――この瞬間から戦争も平和も歴史も人間もかわつた!
世界の三大反戦絵画といわれる、丸木位里・丸木俊夫妻の不朽の名作「原爆の図」(全十一部)をこの映画はこくめいに、そして怒りをこめてうつしだす。峠三吉の詩(詩朗読山本圭)、岡田和夫の音楽が一体となつて観るものの胸に 平和を!原水爆禁止を! と呼びかけきざみつける。
 「原爆の図」は八月六日東京の朝日講堂で朝日新聞社主催による最初の公開が決定し、当日は他に山本圭による原爆詩の朗読と丸木俊、武谷三男両氏の講演があるが、八月六日には埼玉県東松山市の原爆の図美術館での試写会も予定されている。さらに埼玉県では、原水禁が中心になつて八月中に各地で原水禁大会の報告集会をかねた全県上映が組まれている。

映画「原爆の図」製作委員会
 埼玉県東松山市下唐子「原爆の図」丸木美術館内
 (順不同)
 安井郁/末川博/高津正道/稲村隆一/千葉千代世/浜井信三/三宅正太郎/田近憲三/水野仁三郎/岩崎昶

映画「原爆の図」製作集団
 代表 宮島義勇

製作委員会事務局
 瀬戸要/宮坂博邦/岩淵正嘉/広島博

製作スタッフ
構成 宮島義勇
撮影 宮島義勇/加藤和郎/今井英雄/安藤峰章
照明 鈴賀隆夫
編集 中尾寿美子/小幡正直
音楽 岡田和夫
音響 奥山重之助
製作進行 岩部成仁
提供 丸木位里/丸木俊(財団法人原爆の図丸木美術館)
詩 峠三吉(原爆詩集―青木書店)
詩朗読 山本圭
製作協力 国際記録映画研究所/全国映研/ブープロ/インターナショナルフィルム・コレス・ポンデンス



  丸木美術館  

by aonami24 | 2012-01-23 20:34 | 戯言 | Comments(0)

「 酒を飲んでも酔わない  2011.06.03   木   」

   



d0094543_5285146.jpg







    酒を飲んでも酔わない夜がある


    昨日は朝から外出して 雑用をまとめてこなし 夕方までテレビも見ていなかった
    夕方のニュース番組を見ながら お行儀の悪い晩酌を始めて 驚いた
    燗直人 無核総理大臣 元死民運動家 驚妻家 ・・・・・・・・・ のことだ

    燗酒を重ねても何時もの様な心地よい 日本酒の酔いが体中に滲み込んでこない

    <酒を飲んでも酔わない夜>は 惚れた女が死んだ夜だけにしてほしい 


    6月2日は天下布武を掲げた 織田信長が本能寺に倒れた日
    燗直人は 信長はもちろん 光秀にもなれない
    いや! 近々 鳩でなく 猿が出てきて 光秀になれるかもしれない


      おくあきまさお 
 鳩山さんは周囲が驚くぐらいあっさりと首相を辞任しているので、
 菅さんも、と思ったのでしょう。
 人は自分の体験をもとに他人を推し量るものです。
 菅・鳩山会談では禅問答が行われ、同床異夢。
 辞めたらただの人の菅さんにとって、
 財閥御曹司の鳩山さんのように簡単には辞められない
 出自の違いかな。

     日向夏男
 菅さんを信用してはいけないと 市川房江先生が言ってたというのも 
 今日の彼の言動を見てたら
 よーくわかる気がする。生き様がフェアでない。

     落合洋司  
 とんちん菅は、自分の保身にだけは鋭いな。

 震災や原発を人質みたいにして、選挙もできないだろうと開き直り、居座る、
 一種のごろつきみたいなものか。


 希代の嘘つきが首相として君臨している国の国民は不幸だ。


 元々、社民連の泡沫政治家だったのが、政界を遊泳し、首相にまでのしあがった、
 その秘訣がわかった気がする。

 金も力もなく、人間性も最低の人間にとって、武器は、口先と、平気で嘘がつける
 厚顔無恥さだったのだろう。






           
           今日(3日・金曜日)はゴルフだ
           
           天気もよく 気温も 28度位 上がるそうだ
           
           雨の後の 芝の青臭い香りに 酔いしれてこよう









              作曲:杉本真人
              作詞:みなみ大介

              なぐさめなんかは ほしくない
              黙って酒だけ おいてゆけ
              惚れた女が 死んだ夜は
              俺はひとりで 酒をくむ

              わかりはしないさ この痛み                
              どこへもやりばの ない気持
              惚れた女が 死んだ夜は
              雨よ降れ降れ 泣いて降れ

              いいやつばかりが 先にゆく                                    
              どうでもいいのが 残される
              惚れた女が 死んだ夜は
              涙流れる ままでいい                                                          
d0094543_53702.jpg


              酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ
              酒よ 酒よ 俺を泣かすなよ









by aonami24 | 2011-06-03 04:07 | 戯言 | Comments(4)

「名古屋の天気予報 晴れ 気温38度 2010.09.4  土  」











9月4日土曜日の名古屋の気温予想は38度、酷暑である。
予想のずれの範囲は前後2度だそうです。
36度もあり40度もありということのようです。





          今日は一日家の中で冷たいビ-ルでも飲んで、静かに過ごしたいものです。
d0094543_848686.jpg
d0094543_8482863.jpg















by aonami24 | 2010-09-04 08:55 | 戯言 | Comments(0)

「 昨日・12月2日は灰色の満月   09.12.03  木   」





     昨日は 満月 でした、満月 の夜は魚が取れないので休漁する漁師が多いとか
     12月はもう一度 満月 の日がある、12月30日です、二度目の 満月 をブルームーンと
     呼ぶこともあるようです、月が青く見えるわけではないのだが、快晴の 満月 の夜は
     月に照らされて空が心なしか青く見えるような気がする



           ブルームーン



      月に 満月 が2回あるのは珍しい事のようです、昨日はこの 月の出 を見てみようと
        こちらで   時間を調べて自転車で庄内川の新前田橋まで行ってきました



                                            こちら も    

       この日の 月の出 は16時22分、地平線に月の先端が顔を出す時間なので
       東の建物や山の向うから月が見え始めたのは16時35分位、大気の汚れもあり
       鮮明には見えない、少しずつ上がるとともに輪郭がはっきりしてくる
d0094543_9384686.jpg
d0094543_93909.jpg
d0094543_9391476.jpg
d0094543_9392614.jpg

d0094543_9394397.jpg
d0094543_940352.jpg


       月の円が全部見えたころには西の鈴鹿の山に太陽は沈んでいたがまだ明るい
d0094543_9402314.jpg
d0094543_9403825.jpg
d0094543_9405165.jpg
d0094543_9415369.jpg
d0094543_9421015.jpg
d0094543_942329.jpg


       17時ごろ太陽は完全に沈み、夕焼けが鈴鹿の鎌ヶ岳、御在所岳の稜線を綺麗に
       見せてくれる
d0094543_942483.jpg
d0094543_9444630.jpg
d0094543_945083.jpg
d0094543_9452519.jpg
d0094543_9454853.jpg
d0094543_9461186.jpg
d0094543_9462691.jpg

       このあたりで帰路につく、月が昇るに従い小さくなり、光り初め安物のデジカメでは
       撮影できなくなる

       堤防下の信号の所ではこんな眺めになる
d0094543_9464835.jpg


       家に帰ると庭からの眺めはこんな感じ
d0094543_9474565.jpg
d0094543_9574333.jpg

       
       12月30日の 満月 はいかがな形と色で見えるんでしょうか



       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        月がとっても青いから     菅原都々子


by aonami24 | 2009-12-03 09:52 | 戯言 | Comments(0)

「 終戦の日・8.15 いろいろおもう断片  08.8.15 」

  日本が太平洋戦争に負けた日、終戦の日8月15日はお盆と重なる
  今は 終戦記念日として日本武道館で全国戦没者追悼式が開かれている
  1952年(昭和27年)第一回が新宿御苑で天皇皇后両陛下出席のもと開かれている
  但しこの時は5月2日に開催されている、その後、中断して再開されるのは 
  1963年〈昭和38年)8月15日 日比谷公会堂からです
  1964年〈昭和39年〉8月15日は何故か 靖国神社でした
  1964年〈昭和39年)は 東京五輪が開催されたとし年です
  1965年〈昭和40年)以降は 東京五輪の時に完成した日本武道館で開催されてきた
  1964年・東京五輪の時の靖国神社での追悼式はこの年からTV生中継がされた?
   この時私はアルバイト先のTV局のディレクターと靖国神社のテントの式場の中にいました
   その局が代表で中継をしたのかと思います
   天皇皇后両陛下初め、総理大臣も列席ですが、今のように物々しい警備ではなかった
   狭い靖国神社のテント張りの会場の中で、間近にみる昭和天皇は当時63歳ですが 
   小柄で健康そうでした、今と同じ式次第でしたが、殆んど内容の記憶はありません
   この年だけ何故、靖国神社で行われたかは覚えておりません

   私が生まれて100日目に出征して、そのまま2年後の昭和19年〈1944)に戦死した
   記憶にない父親の事を思いながらその場にいた事は覚えています 

      ↓ 庭から東の空を見る 2008.8.15 13時20分  
d0094543_1364880.jpg

      東京五輪の1964年〈昭和39年)、10月10日の開会式の6日後の
      16日〈金曜日)に中国が初の原子爆弾の大気圏での実験を行いました
      当時も今も 五輪は平和の祭典と言われますが、隣国日本での開催中に
      核実験を行うとは、当時の国際世論はどう反応したでしょうか?
      大気圏での実験でしたので、死の灰は確実に偏西風に乗り日本に飛んできて
      東京の空の下に集う世界の人達の肺の中に侵入した事でしょう
      この翌年の1965年〈昭和40年)2月、アメリカはベトナム戦争の打開の為に
      北ベトナム爆撃を開始する
      平和と戦争、何時も同居している、北京五輪とグルジア

      ↓ 庭から北の空を見る  2008.8.15 13時20分  
d0094543_137292.jpg

by aonami24 | 2008-08-16 01:56 | 戯言 | Comments(2)

「 水に流さない 長崎1945.8.9午前11時02分   08.08.09 」

   黙祷  63年前の8月9日午前11時02分に 

    北京五輪の花火とは違う爆薬が今日も
    カスピ海と黒海を繋ぐ国で炸裂している  


    核は使われる事はない?

    人は過ちを犯す!

    核は廃絶しかない!

    生きている 死んでいる 何人かの知人の
    笑顔がつかの間 浮かんで消える

by aonami24 | 2008-08-09 10:57 | 戯言 | Comments(0)

「北京五輪開幕 中国も頑張る 頑張らない日本の総理 08.08.08」

   北京五輪も何となく無事開幕され、これから 友好 と 競争 の日々が続く
   各国の入場の時、出席の国のTOP は 衣 をただし 起立 して自国の選手を
   拍手で迎える、当たり前の風景、日本の例のチンパンジースタイルのTOP 
   上着を脱ぎ、着席のまま伴侶と歓談、、長閑なものである
   取り巻きはどうしたのか、映像で見る限り日本の恥が国際的に配信されている
   選手諸君、気にしないで、己のために最大の結果をだしてください
   嗚呼、恥ずかしい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by aonami24 | 2008-08-09 00:02 | 戯言 | Comments(0)

「 忘れられない  忘れないで  かくも長き不在   08.08.06 」

 1945年8月6日・月曜日・午前8時15分 
 広島市市街地の中心に人類史上初の原子爆弾が
 落とされた日です  
 被爆と同時に生を終えた人は、
 このことを <忘れないで> と叫んでいる  
 被爆して今も生と格闘している人は
 <忘れられない>とその瞬間を思い出して
 苦しんでいる  
 あのチンパンジイに似た表情のこの国の選ばれた
 代表は 広島の碑の前で、思いのこもらない
 意味不明の何の情もない 音の響きを連ねていた 
 何とも切ない 暑い暑い一日の幕開けでした
 

by aonami24 | 2008-08-06 23:56 | 戯言 | Comments(0)

「 岩手宮城内陸地震 激甚災害指定ならず   08.06.25 」 

     悲しい政治判断   あれだけ国土が崩壊しているのに  指定されないとは? 
     ・死亡者の数が少ない。 
     ・開拓農民が多い、山間地に被害が多く、街にはすくない。
     ・素朴で大人しい東北人だからこの程度で指定しなくてもクレ-ムはない。
     ・小沢民主党代表の地盤(岩手・水沢)。
     ・国土交通大臣の党の支援団体の会員が少ない。
     ・国土の崩壊を金額に積算することが出来ない。
     ・中央防災会議としては新しい解釈ではあるが、指定してもよい新しい災害も出ている 
      が、役人としては従来通りの激甚災害指定基準で査定して、政治、総理の指揮権が      
      発動されていないから従来通りの適用?
     ・人口の少ない地域なので票にならない。
                             ・
                             ・
                             ・
                             ・
                             ・
       まだまだ続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      

      
by aonami24 | 2008-06-25 01:07 | 戯言 | Comments(0)

「JR東海バス本社・名古屋営業所の外構の散髪8分  08.06.24」

    6月17日の記事で書いたJR東海バス本社・名古屋営業所の外構の緑地の
    酷い管理状況に触れたのですが、何年ぶりかで、数日前に草むらは刈り込まれた。
    こちらの記事を見て、慌てて刈り込んだのか、何年に一回がロ-テ-ションなのか
    不明ですが、日本人の常民良民の感覚からすると、何かもう一つ真心がこもらない
    作業のように見える。JAPAN NO.?の鉄道・サ-ビス業の子会社なのだから
    規範を示してもらいたい。それでないと民営化の意味もない。
    こんな細かい事を言う株主はいないだろうが、問題点ははディテール(詳細)に宿る事は
    忘れてはならない。関西の私鉄の会社の建物施設は赤字会社でも、とても丁寧に
    管理されている。サ-ビス業の原点かもしれない。
d0094543_23311130.jpg
d0094543_23323614.jpg
d0094543_23332244.jpg
d0094543_23342141.jpg
   何故かここは草刈もされていない。虎刈り状態、不思議だ。
    やはり何かが起きているのだろうか?
d0094543_2335133.jpg
d0094543_2336099.jpg
    多少の不満は残るが、取り敢えずご苦労さまでした。
by aonami24 | 2008-06-24 23:38 | 戯言 | Comments(0)