酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:音楽( 18 )

「 音楽を聴く 最近は予備のセットで      2013.02.09    土     」

      









最近はLPレコードを聴く事は稀で CDで聴く事が多い 2階の和室に置いてある40年前のONKYOの

SPを出口にした装置は その部屋で 過ごすことが少ないので 自然と足が遠のく 階段の上り下りが

面倒なこともある 1階の応接間で寄せ集めの機器をつないで CDを中心に時々聴いている 


   AMP     日立・Lo-D HMA-3790            35年以上?前

   PREAMP  LUXMAN  C-03                 20年以上前・デジタル対応

   CD/DVD   DENON  DVD-3300             12年前    デジタル対応

   タンテーブル パイオニア  PL-X200              35年以上前 リニアトラッキング

   スピーカー   VICTOR   SX-3Ⅲ                35年以上前




d0094543_10253048.jpg
d0094543_10293468.jpg

by aonami24 | 2013-02-09 10:57 | 音楽 | Comments(4)

「 交響曲第1番「HIROSIMA」       2011.08.23    火     」

    




   佐村河内守  :交響曲第一番「HIROSIMA」 
             大友直人指揮  東京交響楽団
 





前記事で <レーモンデ松屋・安芸灘の風> を 教えてくれた人が 今 瀬戸内海に面する街で

クラシックファンに聴かれている 交響曲を教えてくれた amazon で注文したが まだ届いていない 

CDを注文するなんて 5年以上ない 両親が広島で被爆した 戦後生まれの2世が 

障害を持つようになり 蓄えた音楽の知性・スキルを使い 作曲した シンフォニー 

今年の夏に聴くとひとしお身に滲みる このCDの録音中に 3.11の大きな余震があるが 

東京交響楽団のメンバーはひたすら演奏 歴史に残る一枚になりそうだ





by aonami24 | 2011-08-23 20:51 | 音楽 | Comments(6)

「 安芸灘 の 風       2011.08.23      火     」

              


                         安芸灘   


夏の瀬戸内沿いの四国(愛媛・香川)を旅してきた人から 教えられた唄・歌手 四国のカラオケ

スナックでよく歌われているいるそうです 私はカラオケに行くことも 唄うことも音痴で駄目ですので

あまり興味のない話でしたが その人が奨めるので You Tube で聴いてみた なんとその中の

歌詞に50年前大学の研究会で調査合宿した  大崎下島・大長  が出てくるので驚いた 

唄を聴きながら50年前の20歳になる前の夏を思い出した。
  大崎下島② 


           レーモンド松屋     安芸灘の風

                 http://youtu.be/DoQO4RDiRgQ  
          

        http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=97584
by aonami24 | 2011-08-23 16:36 | 音楽 | Comments(0)

「 66年目の敗戦の日 50年目の録音    2011.08.15    月     」



渡辺貞夫



66年目の敗線の日 特別な事は次第に無くなりつつあった 都会に住み米軍の無差別絨緞爆撃の 

被害を実体験で記憶する人は 今回の東日本大震災での津波による被害を 目の当たりにして66年

前の焼け跡を記憶に甦らせたかもしれない 東京・大阪・名古屋・豊橋・・・・・・・・ 広島・長崎は勿論

aonamiはその頃3歳と少し 家族とともに防空壕に入る記憶と家の裏の田圃に 軍需工場に投下し

た焼夷弾がメラメラと燃えながら 落ちるのを眺めた記憶は微かにある 家の周りは幸い焼夷弾の

被害を免れたので 焼け跡の記憶はない 3歳の子供の当時の行動範囲は限られているので 同じ

村でも焼けたところがあったのだが 見た記憶はない 敗戦とお盆と言うことで 永い間日本人には 

8月15日は特別な日であった 

今日は50年前の8月15日、16日に録音された渡辺貞夫の初のリーダーアルバムを レコードと

CDで聴いた 戦後日本に普及したジャズ (モダンジャズ) のアルバムの中でも当時のアメリカの

ジャズアルバムに肩を並べた演奏でもあった 1961年(昭和36年)8月15日、16日 敗戦から

16年目に 日本都市センターホールで録音された 翌1962年(昭和37年)渡辺は3年の音楽留学

にバークリーに出かけた 日本のジャズがめちゃくちゃ燃えていた時期でもある aonami も日本の

ジャズをコンサート ジャズクラブ ジャズ喫茶でフルバンドからコンボまでめちゃくちゃ聴いた 

アルバイト代は殆んど其れに消えた 今聴いても演奏も録音も素晴らしい


               

               SL-7
d0094543_22591125.jpg
d0094543_2313440.jpg
d0094543_2342212.jpg


テクニクス  SL-7
by aonami24 | 2011-08-15 23:12 | 音楽 | Comments(0)

「 サムシング エルス 枯葉    09.09.22  火   」





SOMETHIN’ ELSE  

        CANNONBALL ADDERLEY


 この BLUE NOTE の LP はこの季節になると少し早いが聴きたくなる
 一年中聴いているが、この季節はことさら身にしみる
 特に一曲目の AUTUMN LEAVES がお目当て
 1958年の演奏・録音なんだが、初めて聴いたのは、1960年高校を卒業して
 上京した年の夏、新宿のジャズ喫茶木馬、 ポニー 、きーよ 辺りかと思う
 60年安保の熱気も去り、若者たちに無気力な倦怠が蔓延していたころ
 あれからもう49年が過ぎている、その前年に高3の私は名古屋を中心に5000人
 以上の死者を出した伊勢湾台風に遭い、名古屋西部のゼロメートル地帯にすんでいたので
 そこそこの被害に遭い、気は萎えていた、9月26日で丁度50年になる
 今名古屋の新聞は伊勢湾台風50年の特集記事が飛びかっている

 LP を出して針を落とすのは面倒なので、CD を回すことが最近はほとんど
 50年以上前の演奏・録音のジャズが今も当時と殆んど同じ気分で聴けるのは
 如何なことだろう、おのれが進歩してないということなのだろうか?
 MILES DAVIS もいいが、ART BLAKEY が神妙にバックを務めているのもほほえましい

d0094543_20411680.jpg
d0094543_2041343.jpg


d0094543_20565916.jpg




 






   



by aonami24 | 2009-09-22 20:35 | 音楽 | Comments(0)

「 悲しくてやりきれない        09.09.20  日  」



      P.S 2009.10.17 記

    加藤和彦 死んじゃった
       
       私より5歳も若いのに

       傍に 優しさ を受けてくれる人が・・・・・・・・・・・

       軽井沢はもう寒いのに


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



     悲しくてやりきれない

     この人の記事 を読んで、今日の私の気持ちとは対極の気分なんですが

     爽やかな、快晴の空と秋風に馴染みながら、サト-八チローの思いとは

     別の立ち位置で唄う この人・PUSHIM の声で聞いてみたくなり、探してみた




      
     
by aonami24 | 2009-09-20 16:43 | 音楽 | Comments(0)

「 ギターの音  タル ファーロー     09.05.29  金  」






          ギターの音が聴きたくなる

TAL FARLAW  little darling






           BARNEY KESSEL  ST THOMAS


by aonami24 | 2009-05-29 20:29 | 音楽 | Comments(0)

「 I LOVE YOU PORGY       09.05.27  水  」





           突然何かを飲みたくなる
           突然何かを食べたくなる
           突然何かを聴きたくなる


                今日は I LOVE YOU PORGY を突然聴きたくなる


     ニーナ シモン             

      




キース ジャレット



by aonami24 | 2009-05-27 10:53 | 音楽 | Comments(0)

「 フランク永井 さん亡くなる 76年と224日を生きる 08.11.02 日」



       フランク永井 さん がなくなられた
       

       ご冥福をお祈りします



        有楽町で逢いましょう
    
by aonami24 | 2008-11-02 18:58 | 音楽 | Comments(4)

「 小野満 さん亡くなる  The Big-4最後の人  08.02.25 」

 




小野満さんが亡くなっていたと、2月21日の新聞の訃報欄に出ていた、享年78歳
1929年1月3日生まれ、1月2日に亡くなられたのだから、実質79歳という事です
昭和が終わった20年位前から小野さんの名前は見なくなり、聞かなくなった,それ以前
小野満とスイングビ-バ-ズのリーダーとして紅白歌合戦初め、歌番組の伴奏で時々テレビに
出演していたのを見かけた、もちろん指揮だけで演奏はしない

 戦後の日本ジャズ創生期のベ-シストで、ジョ-ジ川口&The Big-4 のメンバ-として
J.川口(ドラム)、中村八大(ピアノ)、松本英彦(テナ-サックス)と共に活躍した人です
このメンバ-で昭和28年1月に発足、ラジオ東京(TBS)の夕方のゴ-ルデンタイムに
ロイ ジェ-ムスの司会で生放送が流れていました、<トリス ジャズゲ-ム>という番組でした、発足2年後(昭和29年12月)の番組スタ-ト時はベ-スが上田剛に代りました

 タンスの上の5級ス-パ-ラジオから流れる、ロイ・ジェ-ムスの司会で 「 ピアノ中村八大! 
ベース上田剛! テナ-サックス松本英彦! ドラムジョ-ジ川口! 」というアナウンスが
耳についている世代は66歳以上が大半かと思う、66歳の私は最も若い世代かもしれない
私の小学生高学年から中学の時代です、テレビが普及する前の時代、ジャズが若い世代の
エンタテイメントNO.1を 映画、野球と競つていた時代です、野球も王、長島 以前の時代

 小野満の死で4人全員が鬼籍に入った、発足から55年後天国でThe BIG-4 がスタ-ト!
d0094543_3494626.jpg

 小野満は其の時代、美空ひばり の初恋の人婚約者としても知られていました
月刊「平凡」、「明星」には2人の話題が絶えず書かれていました
彼は美空ひばり のジャズの先生でもあった様です、英語の読めない彼女に耳からジャズを
教えたのでしょう、小野26歳、美空19歳の頃2人は婚約しますが、美空の引退を条件とした
小野の願いはかなえられず、婚約は日浅くして解消されてしまいます、 私が高校に入学してすぐの頃の事と記憶しています・・・・・・
d0094543_3512780.jpgd0094543_3524721.jpg
美空ひばり のフアンでもないので

           
詳細は知るよしもないが、私より5才上の彼女が思いを寄せた鶴田浩二、小野満、中村錦之助、
小林旭(年齢順)の内10代後半の思春期に一番近くで仕事をし、教えてくれるハンサムで優しい
小野満は初恋の人であり、結婚したい人であったのは当たりまえのことでしょう

美空ひばり が1989年に52歳で亡くなった時、小野満は60歳、美空ひばり の死が影響を
しているのか、関係ないのかウオッチしているわけではないので判らないが、其の頃から
小野満はジャズ仲間、音楽関係者の前から姿を消してしまう、19年前か?
昭和と平成のハザマですね
d0094543_3133416.jpg

 もう少し、小野満のライブを聴いた昭和30年代後半のアレコレを書きたいと思ったが
根気が続かない、手元にあるCDでも聴いて、とりあえず一服しよう
d0094543_3141638.jpg


d0094543_315656.jpg

by aonami24 | 2008-02-25 03:25 | 音楽 | Comments(0)