酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 わらび餅  色々 ①  きょうは尾張・一宮<明や>   07.10.29 」

        お酒のみの癖に甘い物も大好きなのです。
        お酒もある意味、アルコ-ル性醗酵甘味食品の一つだと思う。
        
        わらび餅 は素朴で単純な和菓子ですが、あのツルリ感は好ましい。
        わらび餅 も本来のわらび粉は生産量が極めて少なく高いために
        高級和菓子店のわらび餅、わらび饅頭は高い値段がつく。
        わらび粉によく似た食感の澱粉類で作られた わらび餅もあり
        それなりに満足できる物もたくさんあるようです。

        先日のホテルでの和食の後、脳に今ひとつ満足感が到達せず、
        デパ地下の尾張特産甘味類の売り場に、珍しく尾張一宮の<明や>
        わらび餅 が売られていたので、買い求め自宅で脳に満足感を
        供給しました。
d0094543_2202647.jpg
d0094543_2215185.jpg

        本わらび粉 と 澱粉の比率はどの程度か?
        法律では求められてない事ですが、この際表示した方が
        <明や>の誠実さが伝わると思う。
        一宮の地元で古くから愛されてきた わらび餅 美味しいですよ。
        私が買い求めたのが、10月26日、賞味期限は一日限りの和菓子。
        2~3日経過しても、美味しさに格別の変化はない。
        トレハロ-スは林原の食感保持剤で防腐剤ではない
        添加しなくても良いと思うのだが?
        これだけで420円、洋菓子に比べれば安くて、ナチュラル。
d0094543_2232077.jpg
d0094543_2242113.jpg
d0094543_2254799.jpg

by aonami24 | 2007-10-29 22:23 | 甘味 | Comments(6)
Commented by arinco11 at 2007-10-31 19:58
お元気そうですね。^^
いつの間にやら紅葉の季節、食欲の秋、ひやおろし、、、ですねぇ。
ごく普通の日常生活圏内に、
大騒ぎすることもなく存在する「本わらび粉入り」のわらび餅。
いやぁ、名古屋を田舎と言うなかれ、食文化度...高し!ですね。
黄粉ごしに透けて見える餅が、本わらび粉の色味のような。。。
喉を通る感触...つるりと、わらび餅、
いつの世までも残って欲しいお菓子ですね。
Commented by oishiigurume at 2007-11-01 19:21
わらびもち最近食べてないから、食欲そそる画像ですね~
しかもたくさん入ってるし、安いですよね~♪
苦~い緑茶と一緒に頂きたいです。
Commented by at 2007-11-01 22:42 x
わらび餅、いいですね~。私も主人も大好きです。
ちなみに、京都の「二条駿河屋」さんのわらび餅が好きです。
なかなかいただけませんが。
Commented by aonami24 at 2007-11-02 09:52
arincoさんへ
元気は元気ですがここ2年間町内会の仕事で、ゴルフの回数もへり
運動不足で体重が三桁を行き来しています。
生涯初の三桁に着る物が限界です。
今更、黒服等作る事は無駄ですので、なんとか二桁を維持しないと・・・・・
とりあえず、10キロ減の90キロを目標に。

単純なお菓子ですが、いつ迄も飽きない味と食感ですね。
この<明や>は今は一宮市ですが以前は尾西市といい、
木曽川の東岸に有ります。
新幹線が木曽川を渉る時、丁度その北の辺りです。
戦国時代の昔から豊富な水と平な土地に恵まれた
豊なところです。
Commented by aonami24 at 2007-11-02 09:57
oishiigurumeさんへ
沖縄旅行は如何でしたか。
美味しい沖縄料理との出会いも満載かと思います。
普通のわらび餅は10月~6月が時期のようですから
これから時々頂きたいと思います。
津島に無名ですが、上手なわらび餅を作るところがあると
聞きましたので、一度探してみます。
Commented by aonami24 at 2007-11-02 10:22
きくちゃん へ
<明や>のわらび餅はこの分量で3人に分けても
充分量がありますので、お値打ちです。
JRタカシマヤに毎日一定量入りますので、手に入りやすいです。
<芳光>のわらび餅は餡子入りで、評判通り美味しいですが
高価ですね。
稲武の<まつ月>のわらび餅は最高ですが、
現地まで行かないと中々手に入りませんね。
飯田街道沿いのゴルフ場に行く時に、帰りに寄るよ大抵売り切れです。
予約して行かないと今はダメではないでしょうか。
<まつ月>は今でもご自身でわらびの根からわらび粉を
精製して見えるのではないでしょうか。
山が近くにあるとは言え、大変なご苦労ですね。
<二条駿河屋>さんのわらび餅は食べたことありません。
あの辺りは茶道の家元お出入りの和菓子屋さんが
多いところですから、洗練されているでしょうね。
大分前になりますが、コチラの<松露>と言う餡を砂糖で包んだ
菓子をお土産に頂いた事があります。
何処にも出店していませんから、京都へ行かないとダメですね。