酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「荒子盆踊り大会、今年も無事終了、猛暑は続く ② 07.08.15 」

     盆踊り会場は普段は児童遊園地として、使用されている。
     飾りつけ前の会場の写真を今年は撮り忘れた。これは去年の画像です。
     去年は台風の警報がでて初日は中止、2日間の開催でした。
     今年は天気に恵まれて3日間の開催が出来ました。
     毎年8月8日、9日、10日の日程で曜日は毎年違う。
     八町内会の連合で20人の役員で運営される。60歳~70歳の役員の
     内半数は現役で働いている。自営業の人は少ない。なかなか大変です。
     aonamiは無職ですので、仕事と町内のお手伝いの調整のストレスはない。
     開催費用は全額、協賛金(寄付金)で賄われる。
一般会計の町費は使われない。
     3日間で、1,000本の飲料、2,200本のヤクルト、15ヶ-スの缶ビール
            2,200袋の菓子、2,000本のウチワと麦茶が無料で提供される。
     会場を囲むように、伝統的な露天商の方のお店が、20店舗以上張られる。
d0094543_15591256.jpg

      ↑  正面に見えるのは木造の荒子観音の本堂の東側面です。
d0094543_15595954.jpg

      ↓  右手のかやぶきの建物は神明社(村社)です。
d0094543_1605243.jpg

      ↓  春は桜に囲まれる集会所です。平屋建ての畳敷きの施設です。
         100畳ほどの広さがあります。選挙の時は投票所になります。
d0094543_1614567.jpg

      ↓  6時半、電球に灯をいれても周りの明るさに消されてしまう。
          舞台は専門の業者に依頼して仮設しています。昇りと降りと階段が
          分けてあるので壇上での踊り手の交代は能率的です。
          右手のかやぶきの神殿は平成6年に葺き替えられている。
          明治の初めに村社として観音寺から分離された神明社はこの   
          盆踊り会場の遊園地と共に八つの町内会の連合町内会で
          維持管理されている。数百メ-トル離れた所にある富士権現社も
          町内で維持管理されている。所謂、氏子組織はありません。
          宗教ではなく、町内の生活文化習慣の一つとして認識されています。
d0094543_1623741.jpg

        参加自由の祭りですので、周辺の方々もお見えになり、この地区の
        盆踊り大会では最大の人数が集います。         
d0094543_1632294.jpg
d0094543_164272.jpg

        今年から会場周辺の交通安全を強化するため、費用はかかりますが
        専門の警備員も配置してみました。
d0094543_165181.jpg
d0094543_13451178.jpg
d0094543_13424859.jpg

by aonami24 | 2007-08-15 18:03 | 町内色々 | Comments(0)