酒中日記

aonami24.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

「 岐阜 水谷 へ 昼酒     2011.12.14   水    」

    


          岐阜 ホルモン 水谷 炭焼
      


     12月12日・月曜日  冬日和に誘われて 岐阜   水谷   へ 単独行


     こちらも         こちらも      こちらも      こちらも    


 岐阜柳ヶ瀬のタカシマヤ地下の食品売り場で 岐阜特産品の今年の様子を調べたいのと
 2軒くらい果実店をリサーチしたいので 駅前から200円均一料金のバスに乗る
 駅から直線で歩いても15分とかからない所ですが 何故かこの日はバスに乗る
 何時頃からか 岐阜の市バスは民間の岐阜バスが運航している 名古屋の市バスもそうだが
 社内は綺麗に清掃が行き届いている 車内に動画でCMも流れる 
d0094543_2151264.jpg

  栄華を極めた 柳ヶ瀬の巨大なアーケード街も今はシャッタ-が降りる店も多い
  そんな一隅を岐阜市が借りて 市営の休憩所の様なものを置いている
  買いものをしない老人には 優しい配慮である
d0094543_2152061.jpg



13時過ぎに岐阜駅について 上記の要件を足して 水谷 へ着いたのが13時50分 
2時の開店10分前水谷 から駅へは5分程である
d0094543_2153547.jpg

準備中の女主人に頼んで 着席する この日の一番乗りである
d0094543_2155335.jpg


この日は  菊川・金紋酒  3杯とビール大瓶1本
1杯260円の金紋酒は 醸造用アルコール・糖類・酸味料オール添加の 普通酒である
正しい意味の純米酒と比べれば 日本酒・清酒と言わないで 
リキュール・調合日本酒・日本酒カクテルと呼ぶのに相応しい 別の次元のアルコール飲料である 
この類の食べ物には 何故かこの猥雑な酒が相応しいとも思う 
d0094543_21692.jpg

出し汁だけで煮込んだオデンのネタは 蒟蒻 里芋 大根 飛龍頭 練りもの類全て大きい
里芋も大根も全て一串2個付けである
d0094543_2163117.jpg

ネタケースには本日のスペシャルの 蠣 帆立 ソーセージ 雀 野菜類が並ぶ  
d0094543_216423.jpg

この日は次の予定もあるので 金紋酒3杯 ビール大瓶1本で抑える
熱々の金紋酒は山もり 熱いので 手で持つとこぼれる 口を付けて啜る
この手の酒を飲む時は 時々ビールで口の中を洗い 新たな気持ちで酒を飲む
d0094543_217017.jpg


水谷 は 肝 砂肝 心臓は刺身用と焼き物用は同じ材料を使う 
その日仕入れたものを 売り切り閉店
この悩ましい 聳え立つ角をもつ レバー刺 お好みでニンニクも 私は生姜のみ
この串に刺した一切れで 成人が必要とするVB12の一日必要量があると 
春先に帯状疱疹の治療を受けた皮膚科の医師から聞いた
d0094543_2171722.jpg

焼いた肝と向こう側に心臓が
d0094543_2173291.jpg

鶏皮もとてもグラマラス
d0094543_2174655.jpg

最後は里芋 オデンの里芋を味噌を付けて軽く焼いてくれる
d0094543_218227.jpg


このほか 牡蠣を1本注文 次があるので このあたりで退散    
     ビール 大        570円 × 1 = 570円 
     金 紋 酒        260円 × 3 = 780円 
     
     串                10本     1170円

                    合計        2500円   

                      何時も安い方に勘定を間違えてくれる      

                     この後 way out west ・・・・・・・・・・・・・・・・→




                大垣 ・・・・・・→ 米原 ・・・・・・→    











by aonami24 | 2011-12-14 02:39 | 酒・肴 | Comments(1)
Commented at 2014-12-17 16:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。